設立趣意書

止まらない子どもの体力・運動能力の低下は、将来の日本全体の活力が失われていくというに発展しかねない深刻な問題と言われています。
特に保護者の皆さんをはじめとする大人が、子どもを取り巻く環境を十分に理解し子どもたちが積極的に体を動かしながら、元気に過ごす環境づくりは重要となります。

私たちの住む神奈川県秦野市大根・鶴巻地区では1970年代から1990年代前半まで人口が増えるに従ってサッカー・野球・バスケットボール・バレーボール・ラグビー・テニスなど多岐にわたる競技を親しむための少年団やクラブが創設されてきました。
しかしながら、人口増加も頭打ちとなり子どもたちの数も減少を続ける21世紀に入って、指導者の高齢化とも相まってこれらの少年団やクラブも存続が危ぶまれるようになってきています。このことは、残念ながら、保護者や地域の人々などのボランティアによって支えられてきた良いサイクルが崩壊し始めていることを意味しています。
地域の子どもたちは、地域、学校、家庭で責任をもって育てていくことが大切であり、大切に育てられた子どもたちは、地域に愛着を持って立派な大人へと成長していくことでしょう。

そこで、私たちは、「地域の子どもは地域で育てる。」ことを大切にし、地域の各競技のスポーツ少年団及びクラブ・教育機関と連携し、地域の子どもたちの体力向上と健全育成のために、そして、地域の皆さんが一緒に楽しめるフィールドとして「NPO法人おおねスポーツコミュニティ」を 設立いたします。
活動拠点は、地域の誰もが参加しやすいように大根・鶴巻地区を中心とした小中学校のグランド及び体育館及び市営おおね公園・市営なでしこ広場等を中心とし、スポーツアカデミーやセミナーを中心とした様々なプロダクトを提供しながら総合型地域スポーツクラブとして、地域貢献活動に取り組んでまいります。

NPO法人 おおねスポーツコミュニティ
理事長 桑原 昌之